有機栽培のオーガニックハーブ苗を販売しているネットショップ5選(無農薬・有機肥料)

風車

日本のオーガニック野菜、穀物の生産量がどのくらいか調べてみたことはありますか?実は平成26年の調査では、日本で生産されているオーガニック野菜や穀物は、まだ1%も満たしておらず0.25%しか生産されていおりません(農林水産省:「平成26年度 認定事業者に係る格付実績」参照)。オーガニック野菜や穀物を育てる土壌面積もしかり1%を未満です。オーガニックの観点から見ると、日本は先進国の中でも世界的に見てかなり後進国なんです。ちなみに、世界的に見ると欧米がやはり高い状況で、中でも欧米ではありませんが、オーストラリアがとても高い比率なんです。

生産数が少ないということは必然的に消費量が少ないので価格が上昇し、日本でオーガニック食材を購入するには少々お高めですが、最近では家庭菜園でオーガニック野菜やハーブなどを育ている方もいらっしゃるのではないでしょうか?オーガニック野菜やハーブを育てるときは、種や苗からオーガニックにする必要があります。今回の記事は、ネットでオーガニックハーブの苗や種を販売しているネットショップをご紹介します。オーガニックハーブの苗を購入する時のご参考にしてください。

 

SORAMIMI(そらみみ)

ハーブの苗を写真で確認できる

店舗で購入するときもそうですが、購入時できれば元気がいい苗を選びますよね?なんとSORAMIMI(そらみみ)では、送ってもらう前に写真で苗の状態をメールで送ってくれるんです!運営者の手間を考えると本当に大変そうですが、お客様を大事にしている事が伝わり好印象ですね。

苗が崩れないようにしっかり梱包

ネットで植物を購入するときに気になる点の一つが、苗が崩れていないか。SORAMIMIでは、その点を配慮し梱包方法を写真付きで説明しています。安心できますね。

実際に育てている人を紹介

苗を育てている人の紹介をしているSORAMIMI。オーガニックハーブを大事に育てている気持ちが伝わるコーナーですね。

01535_04 01535_05

 

Ochiai Herb Farm(落合ハーブ園)

ハーブに関する商品のラインナップが充実

Ochiai Herb Farm(落合ハーブ園)は、ハーブに関する商品の取り揃えが充実しており、フレッシュハーブやハーブティーはもちろん、ハーブ雑貨、エッセンシャルオイル、コスメ商品なども取り揃えています。ハーブ用の土(無農薬)もあり難いですね。

都内(仙川駅)に支店があります

本店は静岡の三島にありますが、都内でも京王線の仙川駅徒歩5分に店舗があります。都内近郊に住んでいる方は伺ってみては?!

企業さん向けOEM生産

オーガニックハーブのOEM生産にも対応しています。

01535_03 01535_10

 

MAY POP(メイポップ)

豊富なオーガニックハーブの種類

街の園芸店で見かける一般的なハーブはもちろん、初めて聞くハーブなど種類が豊富なMAY POP’(メイポップ)。樹木ハーブの苗まであります(低木、常緑樹など)。滅多にお目にかかれないハーブと出会えるかも?!

エディブルフラワー(食べれるお花)のハーブ

エディブルフラワーとは、食卓に上がるお花の事。MAY POPではエディブルフラワーも種類が豊富。どんな料理に合うハーブなのかから、ハーブを選ぶのも楽しいですね。

01535_06 01535_07

 

アジア最後のフロンティアと言われるミャンマーはオーガニック大国?!

オーガニック繋がりで一つ豆知識ですが、欧米諸国ではありませんがミャンマーも実はオーガニック食材が多いようです。ここはオーガニックを意識して食べるというよりも、お国柄的に農薬を使わない文化だからのような気がします。以前旅行でミャンマーを訪れたことがありますが、ミャンマーは仏教を信仰している国で温厚でとっても親切なお国柄です。一つのエピソードで水瓶の話があるのですが、街に置いてある水瓶は、昔旅人がいつでも水を飲めるようにといったところから始まります。

そして水瓶には蓋がしてあり、衛生上そのようになっているのかと思いきや、”水瓶に虫が落ちて命を落とさないように”との配慮から蓋がされ始めたとのことでした(旅行中、現代ではさすがに水瓶を飲んでいる人は見かけませんでしたが。。)。ということもあり、農薬などで殺虫すると言う事自体が、ミャンマーのお国柄の思考として存在しないのかもしれないですね。民主化されたとはいえ、軍事政権だったので少々不安を感じて向かったのですが、本当に安全な街でアジアの中でも比較的治安の危険は感じませんでした。話がずれてしまいましたが、ミャンマーで購入する食材や衣料品はオーガニック商品が多かったです。

 

LOCAVO(ロカヴォ)

害虫・害草対策や有機堆肥についてなどオーガニック栽培方法の知識がココに

LOCAVO(ロカヴォ)は、高知県でオーガニック栽培専門にこだわり生産しています。メインは、食卓に並ぶオーガニック野菜をハーブを販売していますが、その中でハーブの苗も販売しております。実際に栽培している様子や、オーガニック栽培時の対策などが記事として上がっています(害虫対策害草対策有機堆肥)。ありがたいですね。

季節を感じる有機野菜がセット料金で買える

とにかく豊富な有機野菜の種類。いろんなお野菜やハーブが並んでいますが、毎月セット料金で購入できるものが大変お得そうです。季節の旬なお野菜がセットになって送ってもらえます。季節を感じてお野菜が届くので楽しみですね。届くお野菜の内容は毎月サイトで公開しています(今月のお野菜今月のハーブ)。

01535_08 01535_09

 

sola og planta

期間、数量限定でオーガニックハーブを販売

5〜7月にかけて、オーガニックハーブを1,000〜1,200ポット販売。栽培方法も綺麗な記事になっていますので安心です(ハーブ栽培方法の記事)。

北海道函館市にあるハーブ園芸専門店でハーブの育て方を少人数から学べる

北海道函館市にあるハーブ園芸専門店。近くにあったら通って学んでみたいですね。少人数で受講料がリーズナブルです。

01535_01 01535_02

 

オーガニック食材で身体も心も健康的な生活を送りたいですね

日本ではまだまだオーガニック食材が少ないですが、今までの傾向上欧米の思考が徐々に浸透していき、オーガニック食材も増えていくとは思います。ですが、まだまだこれからですので自分で植物を育てるのが好きな方は、ぜひご自身の家庭菜園で身体も心も喜ぶ野菜を作って見てはいかがでしょうか。家庭菜園を作ると、自分で肥料を作ってみたい、再生野菜から野菜を育てたいなど、いろいろとやりたい事が増えていくと思います。特に再生野菜は、オーガニック野菜を買って水耕栽培などで増やす事ができるのでオススメです。