【世界らん展2017】世界の様々な蘭をレポート

2017世界ラン展

お店の開店祝いなどのお祝いで目にすることが多いい蘭。華やかな印象が強い蘭ですが、豪華な洋蘭、落ち着いた春蘭や、エキゾチックなもの蘭まで多種多様で、世界中に2万種類も存在するといわれています。熱帯の温かい環境で育つイメージが強いですが、日本では多くの蘭が2月ごろに花を咲かせます。その開花時期に合わせて世界中から蘭が集まる「世界らん展」が開催されます。

 

世界らん展とは

日本国内だけでなく海外からも多くの蘭が持ちこまれます。その数約3000種類となり10万株にも上ります。世界でも最大級の蘭のイベントです。開催会場は東京ドーム。東京ドームいっぱいに蘭が持ち込まれています。

01603_01

 

会場の様子

東京ドームが蘭に埋め尽くされる世界らん展では、展示と販売どちらも楽しむことができます。

01603_17 01603_16

 

蘭を見て楽しむ

展示では、様々な園芸団体やナーセリーが作成した蘭で作られたオブジェやガーデンやフレグランス。種類やデザインなど各部門ごとに審査された、最高峰の蘭を見ることができます。華道家の假屋崎省吾さんをはじめとした、プロのガーデナーやフローリストのイベントなども開催されています。

01603_09
今回日本大賞に選ばれた蘭、多くの人が写真を撮ろうと集まっていて前に進めないです

今回日本大賞に選ばれた蘭、多くの人が写真を撮ろうと集まっていて前に進めないです

和の趣がある落ち着いた展示も

和の趣がある落ち着いた展示や、華やかなカトレアで作られたガーデンスペースも

 

蘭を買って楽しむ

中でも熱いのが販売部門。日本国内だけでなく台湾やインドネシア、エクアドルまで、世界中の蘭の生産者が自慢の一品を販売しています。蘭って高価なイメージがありますが、世界らん展では「2つで1000円!」や「タイムセール!」などの売り文句が飛び交っています。花屋さんを通さず、生産者が販売しているため、比較的に安価な価格で手に入れることができます。

特に、会場までの輸送費がかかっているため、生産者側も「会場で売り切ってしまいたい!」という思惑から最終日や遅い時間帯に行くと値引きされていたり、交渉して価格交渉することもできますよ

生産者側も会場で売り切りろうという思いで来ているので、最終日や遅い時間帯に行くと値引きされていたり、交渉して価格交渉することもできますよ

世界各地から珍しい蘭が集まっています。花屋さんでは通常並んでいないような珍しい蘭なども見かけることも

世界各地から珍しい蘭が集まっています。花屋さんでは通常並んでいないような珍しい蘭なども見かけることも

蘭の小さな苗まで並んでいます

蘭の小さな苗まで並んでいます

同じ花でも出品者によって値段が違うので、ついつい何度も同じお店をいったり来たりしてしまいます

同じ花でも出品者によって値段が違うので、ついつい何度も同じお店をいったり来たりしてしまいます

贈り物用の豪華な胡蝶蘭、壁一面に並んだカトレア、話題のジュエルオーキッドまで、幅広い種類の蘭があちこちで販売されていました

贈り物用の豪華な胡蝶蘭、壁一面に並んだカトレア、話題のジュエルオーキッドまで、幅広い種類の蘭があちこちで販売されていました

 

家で蘭を楽しむ

難しいイメージがある蘭ですが、意外と丈夫で温度と光、水にだけ気を付ければ毎年きれいに花を咲かせてくれます。

家で育てやすい品種

下記の種類は、室内で育てることを考え品種改良されている種類であり、温室がなくても室内で育てることができます。毎年行われると思われますので、世界ラン展に足を運んでみてはいかがでしょうか。

胡蝶蘭

弱い光を好むので、カーテン越しに日があたる場所においてください

弱い光を好むので、カーテン越しに日があたる場所においてください

カトレア

明るいリビングで楽しめます

明るいリビングで楽しめます

シンビジウム

小さな花が可愛らしい

小さな花が可愛らしい

デンドロビウム

強い光が好きなので、日が当たる窓辺かベランダでも大丈夫

強い光が好きなので、日が当たる窓辺かベランダでも大丈夫

オンシジウム

 

『世界ラン展』開催概要

世界らん展 日本大賞2017
開催会場:東京ドーム
開催期間:2月11日~17日 (9時30分~17時30分)

世界ラン展2017は東京ドーム

世界ラン展2017は東京ドーム、来年も東京ドームでしょうか