お家のグリーンをもっと大きく!植え替え基本7ステップ

写真 2016-05-22 11 31 45
写真 2016-05-22 11 54 40

家にある観葉植物をもっと大きくしたい。お家のインテリアにマッチする鉢に植え替えたい。そんなときに必要になってくるのが「植え替え」です。植え替えを行うことで、観葉植物はさらに大きく成長し、お家でも存在感を見せてくれます。

が、いまいちやり方がわからない。そんな方も多いのではないでしょうか? どの土を買えばいいのか? どんな鉢でもいいのか? ただ植えるだけでいいのか・・・などなど。疑問を上げればキリがありません。そこで今回は、写真付きで植え替えのステップをご紹介します。愛しいグリーンに新しい環境を整えて、もっともっといきいきさせてみませんか?

STEP1:基本セットを揃える。

写真 2016-05-22 11 31 45

植え替えで必要になるのが、鉢、土、鉢底ネット、鉢底石、スコップ(あれば)です。今回使った土は、プロトリーフ 観葉植物の土。園芸店のプロトリーフが作っている土なので、配合などは必要なく、そのまま使うことができ、お手軽です。

【ポイント】:植木鉢は一回り大きいものを

写真 2016-05-22 11 31 45

植物を大きくしたいので、ついつい大きな鉢を買いたくなる気持ちはぐっとこらえて。が、大きな鉢にすると、土に対して根が少ないため、水やりしても吸収し切ることができず、常に鉢の中が蒸れた状態になり、根腐れを起こしてしまいます。根腐れが起きるということは、大切な植物を枯らしてしまうことにつながります。既にお持ちのものよりも、一回り大きい鉢を選ぶようにしましょう。

STEP2:鉢底ネットをひく

写真 2016-05-22 11 36 54

植木鉢には穴が開いています。これは、鉢の中の通気性を良くするために開いていて、水やりをすると、ここから余分な水が下に流れるようになっています。そのサイズに合わせて、鉢底ネットをカットし底に敷きます。これは、土が流れだすことと虫の侵入を防ぐため。ちなみに我が家の植物にも、鉢底ネットなしで育てている子がいますが、水をあげるたびに土の位置が下がっていきます。鉢底ネットをしいておくべきだったと後悔…。

STEP3:鉢底石を置く

写真 2016-05-29 9 51 47

鉢底石を置く理由は、水はけをよくするため。石自体を並べても隙間ができるので、そこが空気や水の通り道となり、植木鉢の中が蒸れることを防いでくれます。鉢底石を置いたあとに土をかぶせますが、この時鉢の1/3の高さにすることが目安です。あまりたくさん積み上げず、鉢底ネットが見えなくなるように石を並べましょう。

STEP4:観葉植物の土をかぶせる

写真 2016-05-22 11 38 58

植木鉢の1/3の高さになる程度まで、土をかぶせます。鉢底石を入れ過ぎるとすぐ1/3まで行ってしまうので、調整しつつかぶせてください。

STEP5:植え替え前の鉢から観葉植物を外し、土を落とす

写真 2016-05-29 9 55 12

植え替え前の鉢から観葉植物を取り出し、古い土を落とします。全て落とさなくてもOKですが、根っこが見えるくらいに落とします。この時腐っている根っこや伸びている根っこはハサミでカットしましょう。腐った根っこはぶよぶよしていたり、色が茶色く変色したりしています。

STEP6:土を落とした観葉植物を新しい鉢に入れ、土をかぶせていく

写真 2016-05-29 10 00 50

土を落としキレイに整えた観葉植物を植木鉢に入れ、観葉植物の土をかぶせていきます。この時空気が入りやすいので、割り箸などを挿しながら行うと、空気を抜くことができます。空気を抜きつつ土を入れますが、土を鉢の上すれすれまでいれるのではなく、1センチほど余裕をもたせます。表面すれすれまで入れてしまうと水やり時にあふれますが、1センチの余裕があることで、水があふれるのを防ぎます。

STEP7:新しい土にたっぷりと水をやり、湿らせる

写真 2016-05-22 11 49 36

新しい土は乾燥しているので、このままだと植物がカラカラになってしまいます。また、土が最初は空気を含んでいるので、たっぷりと水を吸わせましょう。

なれてしまえばとってもカンタンな植え替え。新しいグリーンを迎えたら、ひとまわり大きな鉢に入れて最初の一年は飾り、次の一年は新しい植木鉢に植え替えて。ぐんぐん育つ様子を見ているだけで、毎日幸せな気持ちになれますよ!